由木かたくりの会とは

社会福祉法人由木かたくりの会は、下記に上げる権利擁護の5つの柱を基礎に運営されています。

 

1.障害者自立支援拠点としての役割

利用者が地域の中で人としての尊厳が認められ、普通の暮らしが営まれる事を実現していくための援助・活動拠点となることを目指しております。

 

2.利用者の社会的な暮らしの保障

従来の入所施設はもちろん通所施設にも見られた「施設内自己完結型の介護・援助の場」からの脱却を目指し、地域に根ざし、利用者が地域の住民として暮らしているという生活実感の持てる暮らしの場と、働く場の創造に地域での消費者としての活動や街づくりの活動にも参加していく援助活動を推進していきます。

 

3.利用者の個性的な生き方の実現

利用者の個々の個性・特性を大切にし、一人一人の抱く生活への期待や不安を真摯に受け止め、個別の援助課題・目標を確かめつつ、利用者と共に個別支援プログラムを開発して行くことをめざします。

またさまざまな行事等に付いても施設行事としてではなく、地域との交流促進プログラムとしていちづけていきます。

そして地域の伝統を大切にし、新たに地域の生活文化の向上を住民の皆さんと共に促進していきます。

 

4.利用者のプライバシーの尊重

利用者のプライバシーを、援助活動の全ての分野で尊重し守ることをめざします。

職務上知りえた利用者の秘密は在職・退職に係わらず守秘義務を負います。

原則、利用者のトイレ介助は同姓で行い、利用者への暴力的行為、ネグレクト(無視)は行いません。

 

5.地域との日常的な交流を基礎にして人権擁護

苦情処理システム及び第三者によるサービス評価の体制の整備、権利擁護機関の活用を積極的に進めます。

しかしそれらの制度を空洞化・形骸化させないために、利用者援助が職員と利用者だけの閉鎖的・排他的なものにならないよう心がけ、多様な地域住民の方々との日常的な交流が最大の人権擁護となるとの認識のもとに事業運営を進めます。

 

以上の権利擁護の規定を常に意識し、障害者が安心して暮らしていける環境を地域から作り始めています。